2007年03月15日

小林正観 『この世の悩みがゼロになる』

悩みで苦しんでる人にお勧め。



この本を買った理由

本屋でぶらぶらしてて、題名に惹かれました。

ほんまに「悩みがゼロになる」ことあるんかい?
宗教的な本?小林正観さんのお名前見ると仏教チック?

で、ちょっと立ち読みしたら、そうでもなかったので買ってみました。

家族でうつ病のものがいまして。

ちょっとでも、うつ病に対してしてあげられることがあるかなあと思ったので。

・家族のうつ病に何か役立つかもと思ったから

こんな人にお勧め

・悩みで苦しんでる人
・周りで悩んで苦しんでる人がいる人
・周りにうつ病の人がいる人
・子供がいる人

書評

思ってたより、面白い本でした。

いままで聞いたことがない考え方で。

悩みで苦しんでる人には、お勧めです。

心に残った他部分が結構ありましたので紹介。

お金が必要な人はトイレ掃除をするとお金が入ってくる。
トイレをきれいにして、便器の蓋をしめる。
それを続けていると必要なお金が入ってくるそうです。

根拠はないですが、面白かったのでとりあえず
トイレを出るときは清潔にして、蓋閉めます。

もう一つはうつ病の人に対しての対応、
具体的にうつ病についての項目があったのは、読むまで知りませんでした。(買うときに滅多に目次はみません)書いてる内容も納得でした。

うつ病の人には、頼みごとをする。そして感謝するといいそうです。

自分を必要としてくれる人がいるとうつ病はよくなるようです。

早速、明日からやってみようと思います。

ほかにも天才の作り方という項目で、子育てについて書かれてるのも面白かったです。

題名にある悩みについても、いい事書いてました。

私は、悩みは自分を成長させてくれるものという考えなので

悩みが0になるとちょっとこまるかなあと思いましたが、

答えの出ない悩みで苦しんでる人には、読んだらいい答えが出るかもしれません。

心に残った言葉をピックアップ

・自分以外のものを自分の思いどおりにするという考え方を全部やめる。自分がどう生きるかだけをまず考える

・自分で選ぶ必要はない。自分の目の前に来たことを一生懸命やればいい。

・自分が「正しく」生きていたかどうかではなく、問題は「楽しく」生きていたかどうか

・悟りとは、ただ受け入れること。

・要求されたことに対して120で返す、150で返す。その余分に返したものが、結局は自分の人生を組み立てていくことになるような気がします。

・過去、どう生きてきたか。その結果として、今のあなたがここにいる。自分の投げかけたものが、現在をつくっている

・目の前の人と目のまえのことを大事にできるかどうか

・目の前にいる人を大事にして、周りの人すべてに感謝していくことで、自分が感謝した分だけ感謝されるのです。

・不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わずに笑顔で生きる

目次

はじめに
1章 思いどおりにならない人生に疲れたら
2章 仕事がつらくて辞めようと思ったら
3章 今、幸せでないことが悲しかったら
4章 人間関係に行き詰まったら
5章 お金がなくてつらかったら
6章 自分が嫌いでどうしようもなかったら
7章 子どもが言うことを聞かなかったら
8章 死について考えることが怖かったら

ブログランキングに参加してます。クリックお願いします。
(他の書評ブログも見れます。)

banner_02.JPG

にほんブログ村 本ブログへ
posted by 読書小僧 at 04:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読書小僧さん、こんにちは。

トラックバックどうもです。

悩みの無い人っていないと思いますが
それをどう自分で扱うのかが
自分の人生に対する影響を決めていると
思います。

うつの人への対応ですが、
いろいろな本を読んだ感じでは、
やはり相手を承認してあげることや
決して相手を変えようとしないで
あげることが大事だと思っています。
Posted by LuckyUS at 2007年03月15日 05:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。